コラム

膵がんの危険因子と日常生活の注意

column

膵がんの予防のためには、膵がんの危険因子を知る必要があります。
以下が現在判明している膵がんの危険因子です。

膵がんの危険因子

発症のリスク
タバコ 喫煙によりリスクは1.5~2倍になります。
年齢 60歳以上の高齢者に多く発症します。
家族歴 親子・兄弟姉妹に2人以上膵がん患者様がおられる場合リスクは2倍になります。
肥満 肥満の方は、リスクが1.2倍になります。
糖尿病 糖尿病があるとリスクは1.5~2倍になります。膵がんの初期症状である場合もあります。
食事 明確ではありませんが、多量の肉はリスクを増大させ、野菜類はリスクを低下させます。

ご両親・兄弟姉妹の中に2人以上膵がんの方がおられる場合は発症リスクを考慮する必要があります。

生活習慣の改善

まずは日常から予防を図ることが大事です。以下が推奨されます。

1)禁煙

2)適度に運動する。

3)肉を減らし野菜を増やした食事をする。

4)肥満にならないようにする。

5)糖尿病にならないようにする。

上記の2)、3)は4)、5)に関連しますので、1)、2)の実践が大事です。
喫煙は膵がんに限らず他のがんの危険因子ですので禁煙は是非とも考慮してください。
その他に、深酒は慢性膵炎の原因となり膵がんの誘因になりますので飲酒は適量としましょう。

その他、がんに対する免疫力を高める食事として、キノコ類があります。
にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜やトマトなどは酸化ストレスという組織障害(平たく言えば細胞が錆びるようなものです)を防ぎ、持続的組織障害から癌ができることを防ぎます。

医療機関受診について

膵がんの危険因子を述べましたが、胃癌とピロリ菌、肝がんと肝炎ウイルスというような膵がんに強く結びつくような危険因子は明らかとなっていません。上記の喫煙、食事、肥満などを改善しても膵がんは発生します。
そこで適切な医療機関での検査が必要です。膵がんを発見する検査として超音波検査と造影CTがあります。造影CTは血管内に造影剤という臓器のコントラストを上げる薬剤を注入して撮影するCT検査で、膵がんの治療において中心となる検査です。しかし、造影剤による副作用(アレルギーなど)や放射線被爆の問題があり健診で毎年行うような検査ではありません。

まずは気になった時に医療機関を受診し、簡便な超音波検査を行い、問題があれば造影CT検査を行うことが必要です。

膵がんの自覚症状として腹痛、背中の痛みがありますが、これらの症状は他の病気でも生じますし、早期の膵がんの場合は無症状ですので医療機関受診の判断は非常に困難です。ほかの病気の検査で偶然発見されることも多く、まずは心配であれば受診するという考え方でいかざるを得ないのが実状です。
現状では膵がんの予防・早期診断のための決め手はありませんが、一つの選択枝として下記に述べる「マイクロRNA」を用いた血液検査法があります。

マイクロRNAを用いた早期診断法

関連サイト:株式会社 ミルテル

膵がんの研究に関する報道が目に入りますが、残念ながら早期発見や有効な治療法に関して実用段階のものは一部にすぎません。
今回、実用段階である早期発見法として株式会社ミルテルが開発したマイクロRNAを用いた検査法を紹介致します。

私たちの体内では遺伝情報を保存したDNAからRNAという物質を介してタンパク質が合成されますが、タンパク質の合成に関与しない「マイクロRNA」という小さなRNAも作られております。「マイクロRNA」には遺伝子制御機能があると言われております。3000種類以上の「マイクロRNA」がありますが、「膵がん」や「乳がん」において上昇する「マイクロRNA」が数種類あります。これらの「がんで上昇するマイクロRNA」を血液検査で測定し、「膵がん」や「乳がん」の細胞レベルでの早期発見を試みた検査です。

マイクロRNA検査資料を見る

医療機関を受診するべきかどうか判断する材料として、「マイクロRNA」を用いた検査法は良い判断材料になるでしょう。この検査で膵がんのリスクが高いと判定を受けた方の場合はまず医療機関で精査し、問題がなくても前掲の膵がんの危険因子を考慮した生活習慣の改善を図り、定期的に医療機関を受診することにより予防・早期発見が得られる可能性があります。

また、医療機関での検査で問題なく、かつ「マイクロRNA」を用いた検査でもリスクが低いと判定された場合は、無用な心配をする必要はなくなります。

膵がん診療におけるマイクロRNA検査(ミルテル検査)の利用法

膵がん診療におけるマイクロRNA検査(ミルテル検査)の利用法

関連サイト:株式会社 ミルテル

まとめ

「気になる症状があれば医療機関を受診する」が膵がん診療の基本です。
マイクロRNA検査(ミルテル検査)はあくまでも補助的なもので希望される方にのみ、十分な説明ののちに行われるものです。
通常の診療でも膵がんに関する評価は十分可能ですのでご心配な方はまずは医療機関を受診してください。

アクセス

Access

〒140-0015 東京都品川区西大井1-4-25
コアスターレ西大井第一ビル2階

診療時間

Schedule
診療時間
午前
午後

午前 9:00-12:30  午後 15:00-18:30
最終受付は午前枠は12:30、午後枠は18:30
休診日:木曜・土曜午後・日祝日

検査時間は診察時に相談して、できるだけご要望のお時間で行います。冬季は緊急を除き予約のない方への超音波検査はできません。当日ご希望の方は事前にお電話でお問い合わせください。

診療のご案内

ドクターズ・ファイル
メディカリスト