各種検査

上部内視鏡(胃カメラ)

medical

内視鏡内視鏡検査は検査する部位により、種類が分かれます。
上部消化管内視鏡検査では、上部消化管(食道、胃、十二指腸)に口(経口内視鏡)または鼻(経鼻内視鏡)から内視鏡を挿入し、内側を覆う粘膜の様子を観察します。

このような症状はありませんか?

  • 胃に何となく違和感がある
  • ときどき、みぞおちが痛い
  • 胸焼け、ゲップ、胃もたれがする
  • 食事のときに胸のつかえる感じがある
  • 便の色が黒っぽい
  • 食欲がなくなった
  • 体重が減っている
  • 血液検査で貧血がある
  • 健診の胃のバリウム検査で異常を指摘されたことがある
  • 血縁者の中に胃がんにかかった人がいる

経鼻内視鏡のご紹介(鼻から入れる内視鏡)

内視鏡の口からと鼻からの違い風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。また、検査中に話ができるなどのメリットもあります。

当院の理念

当院ではNBI(Narrow Band Imaging)を備えた最新の内視鏡機器を用いております。
内視鏡検査における当院の方針は以下の通りです。

  • 1)ピロリ菌の除菌や、胃がんの早期発見・予防、及び胃の病気の不安の軽減を目的とし、必要な方のみに胃内視鏡検査をお勧めします。胃の病気の危険性が低い方には当院から検査はおすすめいたしません。
  • 2)最新のNBIを用いて食道・胃・十二指腸だけでなく咽頭の確実な評価を行います。
  • 3)苦痛・不安のない検査を行います。苦痛の少ない鼻からの挿入をおすすめしますが、ご要望があれば従来の口からの挿入も行います。
  • 4)1日の検査件数は1件を原則としますので、鎮静剤を使用した際はゆっくりとお休みできます。内視鏡の洗浄は十分に行い常に清潔を保ちます。

検査の流れ

検査の説明

内視鏡の挿入

1.検査の前日~数日前(検査前の外来)
事前に外来にお越し頂き、検査の説明と血液検査を行います(院内滞在は30分ほどです)。
2.検査前日
前日21時以降は固形物をとらず水分のみとなります。
3.検査当日
検査の30分前にご来院頂きます。
挿入前の準備
経鼻内視鏡の場合 : 約20分かけて鼻に麻酔などをして準備します。
経口内視鏡の場合 : 約10分かけてのどに麻酔などをして準備します。

内視鏡検査の様子

検査結果の説明

検査開始
検査自体は通常10分で終了します。検査中ご希望であればご自身の画像を見ることができます。
睡眠下の内視鏡をご希望の方には鎮静剤を使用します。
検査後
検査終了後に外来で結果を説明し、後日検査の写真をお渡しします。
鎮静剤を使用し睡眠された場合はゆっくりとお休みいただいた後に結果をご説明します。
説明が終了後はご帰宅、もしくはご出勤できます。
検査当日の滞在時間は約1時間。鎮静剤を用いてお休みになられた場合は2時間です。
ご要望があれば通常より早い時間(例えば午前9時まで等)に検査を行うことも可能ですので、事前にご相談ください。

超音波検査

medical

内視鏡超音波検査はCTと比べて被爆の恐れもなく簡便で有用な検査です。肝臓や膵臓の1cm未満の病変についてはCTやMRIより優れた描出力があります。優れた検査法ですが、画像の精度は機器の性能に左右されます。当院では信頼できる検査を行うために最新・高性能の超音波機器を用いております。

腹部内臓の精査のためには6時間前の食事制限と予約が必要ですが、虫垂炎(一般の方は盲腸と呼びます)や尿管結石などの評価は来院時に緊急で行われます。

胆嚢や膵臓の評価のためには時間の食事制限が必要ですが、その他の臓器の検査のためには食事制限は必須ではありません。

子宮、卵巣、甲状腺、動脈硬化の評価は初診時に行えます。

検査の流れ

  • 1.初診時に必要であればすぐに超音波検査が行われます。腹部内臓の詳細な検査が必要な場合は朝食を抜いて午前中に来院頂き検査となります(ご希望によっては昼食を抜いて午後に検査をすることもできます)。
  • 2.検査室で横になり、手のひら大の超音波探触子をあてて検査を行います。検査時間は10分ほどです。探触子をあてるだけなので全く痛みはありません。
  • 3.検査終了後に結果を説明し、画像と結果をお渡します。

超音波検査のための在院時間は約30分です。ご要望があれば午前9時に終了できるよう、通常より早い時間に検査を行うことも可能ですので、事前にご相談ください。

がん遺伝子検査(CanTect)

medical
遺伝子構造

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の後天的な変化を血液を用いて調べることにより、画像診断では発見が困難な「微細ながん細胞の存在リスク」を診断します。
そのリスク評価により、がんの予防や早期発見、再発防止などを行うことができます。

遺伝子検査のページを見る

  • 胃カメラ
  • ピロリ菌検査
  • 超音波検査
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • すい癌・乳がん
  • 健診・検診
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • 花粉症免疫療法

アクセス

Access

〒140-0015 東京都品川区西大井1-4-25
コアスターレ西大井第一ビル2階

診療時間

Schedule
診療時間
午前
午後

午前 9:00-12:30  午後 15:00-18:30
最終受付は午前枠は12:30、午後枠は18:30
休診日:木/土曜午後・日祝日(木曜午前は予約検査のみ)

検査時間は診察時に相談して、できるだけご要望のお時間で行います。冬季は緊急を除き予約のない方への超音波検査はできません。当日ご希望の方は事前にお電話でお問い合わせください。

診療のご案内

ドクターズ・ファイル
メディカリスト